岡崎ひとまず移籍話封印しアジア杯集中

2015年01月12日 11時00分

 日本代表FW岡崎慎司(28=マインツ)がひとまず移籍話を封印した。


 岡崎に対してはレスター(イングランド)が獲得の意思を示し、1200万~1300万ユーロ(約16億8500万~18億2500万円)の移籍金を提示したとされてきたが、マインツのハイデル強化部長がこれを拒否。「同等の得点力を保証できる代わりのFWを獲得できない」という理由だ。


 これに対し、岡崎は11日の練習後に「まだまだどうなるかわからない。真実はその先。何が起こるかわからない」と話が消滅していないことを示唆。それでも「2つのチームから期待されるというのは、選手としてやってきたかいがあったということ。ただ、それ(移籍交渉)は僕の役目ではない。今はアジアカップで結果を出せるようにするだけ」と目の前の試合に集中する考えだ。