清武が練習試合で存在感 不振の香川に代わりスタメンも

2015年01月05日 11時00分

 アギーレジャパン初参戦のMF清武弘嗣(25=ハノーバー)が存在感を示した。


 MF香川に代わり後半途中から出場し、長短の正確なパスでチャンスを作り出すと、終了間際には、右サイドからのクロスでFW岡崎のゴールをアシストした。


 今シーズン好調の清武は「岡ちゃんがパスを欲しがっていたので、しっかり(パスを)出せた。チームでも試合に出ているので、代表にもいい形で入れている。アギーレさんのサッカーは新鮮でとても楽しい。結果よりもチームとして、いいサッカーをすることが大事」と笑顔で話した。


 10番を背負う香川の不振もあって、アジアカップを前に最終登録メンバー入り。香川の状態次第では1次リーグ初戦パレスチナ戦(12日)でスタメンの可能性もある。


 清武は本番に向け「しっかりと(チームを)落ち着かせること。パスを出すだけではなく、ゴールに絡む仕事をしていかないと…」と意欲的だった。