炎の体育会TVで見せたメッシ「超絶リフティング」映像が世界を席巻

2015年01月04日 18時42分

日本の番組で「超絶リフティング」を披露したメッシ

 1日に放送された「炎の体育会TV元日SP」(TBS系)でサッカーのアルゼンチン代表リオネル・メッシ(27=バルセロナ)が披露した超絶リフティングが、世界中のメディアで取り上げられ、話題になっている。

 

「炎の――」は国内外の一流アスリートが登場するスポーツバラエティー特番として1日に放送され、メッシは「リフティング・ハイ!!」と呼ばれる競技に登場。ルールは、指定の高さのバーを越えるようにボールを蹴り上げ、それを3回リフティングした後に受け止めるというものだった。

 

 メッシは“世界記録”となる18メートルに挑戦。ボールを上空に高く蹴り上げると、それをトラップしリフティングに成功。いとも簡単に離れ業をやってのけた。

 

 これを見た海外のメディアもこぞってメッシを称賛している。

 

Bild(ドイツ)
「バルサのスターがテレビ番組で魔法を使った」

 

espnfc(米国)
「メッシが信じられないものを見せた」

 

ABCNEWS(米国)
「メッシが信じられない魔術を見せつけた」

 

MARCA(スペイン)
「メッシは約20メートル上空から落下するボールをコントロールできるか?」

 

 各国でさまざまな見出しを付け、そのスゴ技を報じている。ユーチューブにアップされた動画は500万回以上再生され、世界中に拡散している。日本のテレビ番組にまで世界中の注目を集めてしまうメッシ。世界ナンバーワンプレーヤーの“違い”を見せつけた。