4試合連続ゴール「日本一の田中」に!

2012年08月31日 12時08分

 U―20女子W杯準々決勝(30日、国立競技場)で、U―20女子日本代表(ヤングなでしこ)は宿敵韓国に3―1で快勝。初のベスト4進出を決めた。4試合連続となる今大会5ゴール目を決めたMF田中陽子(19=INAC神戸)は人気が急上昇中。日本で4番目に多い名字の“田中一族”の中で堂々のトップに立った。

 U―20女子W杯で日本戦を全戦生中継するフジテレビ関係者から「あのビジュアルなら絶対に人気が出る」と言われていたが、今大会の活躍で国際サッカー連盟(FIFA)の公式ホームページにもインタビューが掲載されるなど、注目度は高まっている。

 最近ではインターネットの検索で「田中」と入力すると予測ワードで「田中陽子」がトップに挙がるほど。他に体操の田中理恵(25=日体大研究員)や女優の田中美佐子(52)ら有名な「田中」は数多くいる中、19歳の美少女が「日本一の田中」になったわけだ。

 ところが、田中陽はそんな周囲の盛り上がりにも無反応。チームスタッフは「注目されている自覚があまりないのが困ったところ」と“天然キャラ”に手を焼いているのだとか。

 ゴールデンタイムに放送される今大会の活躍で知名度も全国区となった田中陽。なでしこジャパン入りも含めた今後のシンデレラストーリーに終わりはない。

 

ヤングなでしこが韓国に快勝