ヤングなでしこが韓国に快勝

2012年08月31日 12時00分

 U―20女子W杯準々決勝(30日、国立競技場)で日本は韓国に3―1で勝ち、史上初めて同大会で4強入りを果たした。

 前半8分、中盤の深い位置から田中陽子が出した絶妙なスルーパスに柴田華絵が走り込むと、前に出てきたGKよりわずかに早く右足でボールに触れ、無人のゴールに転がした。15分に同点にされたが、19分、今度は右のMF田中美南の横パスを受けた柴田が右足を振り抜き、左ポストに当てながら強引に2点目を突き刺した。

 同37分には右のDF高木ひかりのオーバーラップから、最後はファーサイドの田中陽が右足で合わせて3点目。韓国にトドメを刺した。田中陽はこれで4試合連発となり、なでしこジャパンのFW大儀見優季やMF沢穂希が持つ日本女子サッカーの連続得点記録に並んだ。

 これまでどうしても越えられなかった8強の壁をあっさりと越えたヤングなでしこ。準決勝は9月4日に国立競技場でドイツとノルウェーの勝者と対戦する。

 

4試合連続ゴール「日本一の田中」に!