岡崎帰国 アギーレ八百長騒動「みんなで話し合う」

2014年12月22日 11時00分

帰国した岡崎

 日本代表FW岡崎慎司(28=マインツ)が21日、羽田空港着の航空機で帰国した。


 アギーレ監督の八百長疑惑に関しての情報は、インターネットなどで把握しており「監督を信じるしかない。今はアジアカップに集中したいし、自分たちが試されていると思う。問題があったときこそ成長できると思っている」と話した。


 29日から始まる国内合宿では、指揮官の八百長疑惑について選手同士でも意見を交換したい意向だ。「みんなで話し合うと思う。やるからには監督を信頼しなきゃいけない。信頼がなくなればいいサッカーはできない。ネガティブなことばかり考えてはいけない」と訴えた。


 選手の立場で今回の問題の解決は不可能だが、岡崎はやれることは積極的にやっていく。