意地悪されたヤングなでしこ「韓国嫌い!」

2012年08月30日 11時00分

 U―20女子W杯準々決勝の韓国戦(30日、東京・国立競技場)に向け、ヤングなでしこ(U―20女子代表)の緊張が高まっている。

 

 広報担当者は日本のメディアに「竹島に関することは選手たちに聞かないでほしい」と取材自粛を要請した。

 

 日韓両国は竹島の領有権問題をきっかけに政治的摩擦が生まれ、緊張が続く。そんな中で迎えるU―20W杯での日韓戦は大きな注目を集めており、チーム側は「現場の選手たちに余計なことを考えさせたくない」と異例の要請に至ったという。

 

 もちろん選手たちも理解しているため、政治をピッチに持ち込むことはない。ただ、トラブルの“芽”はある。ある選手は「同じ宿舎なんだけど、意地悪された。先に韓国の選手がエレベーターに乗っていて、私が一緒に乗ろうとした時にドアを閉められた。本当に嫌いです」と“被害”を告白した。

 

 ヤングなでしこにとって韓国は2010年U―17女子W杯の決勝でPK戦の末に敗れた因縁の相手。今回はそのリベンジを果たす舞台ともあって、試合に向けての緊張も高まっている。

 

MF猶本は強気「大量点取りたい」