FC東京が新ユニホーム発表

2014年12月12日 14時00分

新ユニホームを発表したFC東京

 今季J1で9位に終わったFC東京が11日、都内でアンブロ社とのオフィシャルサプライヤー契約発表会を行った。会見に出席した日本代表FW武藤嘉紀(22)は「新しいユニホームで心機一転、今年以上の結果を求めたい」と語った。FC東京の阿久根謙司社長(53)は「今年は夏場の苦しいときに(リーグ戦)14試合負けなし(7勝7分け)を達成した。最後は失速してしまったが、来年へは明るい年になったと思う」。コンディション調整が難しいとされる時期に結果を残せたことは、チーム力がアップした証し。タイトルと無縁だった今季からの巻き返しを期待した。