ミラン本田先発も無得点 チームも4試合ぶり黒星 

2014年12月08日 11時00分

【イタリア・ジェノバ7日(日本時間8日)発】イタリアリーグ(セリエA)第14節でACミランの日本代表FW本田圭佑(28)は敵地のジェノア戦に右FWで先発出場したが無得点に終わり、後半26分に交代した。試合も0―1で敗れ、4戦ぶりの黒星を喫した。


 前節「前半は今季一番よかった」とチームの調子が上がってきたことに手応えをつかんでいた本田だったが、この日はシュートをことごとく止められた。前半32分はGKの好守に阻まれ、後半4分にはDFにブロックされた。同7分の直接FKも壁を直撃。勝てば欧州CL出場圏内浮上の可能性もあったが、完封負けで足踏みとなった。