香川ドルトムント 今季CL初黒星

2014年11月27日 11時00分

【英国・ロンドン発】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第5節の8試合が26日(日本時間27日)に各地で行われた。すでに前節に決勝トーナメント進出を決めているドルトムント(ドイツ)は敵地でアーセナル(イングランド)に0―2で敗れ、今季CL初黒星を喫した。アーセナルは15季連続の決勝T進出を決めた。

 22日の国内リーグ・パーダーボルン戦で攻撃の要のMFマルコ・ロイス(25)が右足首靱帯断裂の重傷を負って戦線離脱。香川もベンチスタートのドルトムントは開始2分に失点し、試合の主導権をアーセナルに握られた。攻撃の形ができず、守備も不安定のまま前半を終えた。

 後半に入ってもアーセナルの猛攻をしのぐのが精一杯。12分にはFWアレクシス・サンチェスに決められて2点目を献上した。クロップ監督は16分に香川とFWアドリアン・ラモスを同時投入して打開を図ったが、ゴール前でパスの正確さを欠いてチャンスを作れず。香川も見せ場がなく、終了のホイッスルを聞いた。