疲れ知らずの武藤 代表生き残りへ危機感あらわ

2014年11月11日 16時00分

 サッカー日本代表が10日、、キリンチャレンジカップ・ホンジュラス戦(14日、豊田)に向けて愛知・豊田市内で合宿をスタートさせたが、期待の新星FW武藤嘉紀(22=FC東京)が早めに練習を切り上げた。

 

 合流直前にクラブで2日連続で2部練習を行った疲労を考慮されたためで「全然大丈夫です」と本人は元気いっぱい。代表でレギュラーに定着しつつあるが、10月の2試合での不発が納得いかないようで「(招集が)2回目の時に結果を残せなかった。このままではアジアカップも呼ばれない」と危機感をあらわにし「得点というのが一番のアピールになると思うので、それを出せたら」とゴール奪取を誓った。