INAC神戸の京川舞がバセドウ病を公表「試合に出られなくてもチームの一員として頑張る」

2021年05月13日 16時51分

京川舞
京川舞

 WEリーグのINAC神戸が13日、元日本代表FW京川舞(27)がバセドウ病(甲状腺機能亢進症)と診断されたことを発表した。

 クラブの説明では、京川は3月中旬に心拍数・などを計測するGPSセンサー数値で異常を検知。同31日のメディカルチェックで心電図異常が確認されて再検査となり、4月7日に心臓MRI検査を実施したが、異常なしと診断された。その後、同19日に血液検査を実施したところ、甲状腺機能亢進が見られたため、同21日に精密検査を実施。専門医による診断の結果、バセドウ病と診断された。

「早期発見と軽度の症状ということで当面の間、運動を控え、薬物治療を行いながら治療に専念しています。INAC神戸では京川舞選手の寛解、また復帰を全力でサポートしてまいります」とクラブ側は現状と今後の治療方針を説明した。

 京川はクラブを通じて「チームが始動して2か月近く経つのに、調子が上がらず不安な日々が続きましたが、監督やコーチが私の体調の変化に気づき検査を進めてくださったことに感謝しています。現在は、少しでもチームのためにできることを毎日考え、少しでも力になれるよう全力でサポートしています。復活して試合に出ることを目標に、試合に出られなくてもチームの一員として頑張っていきますので、回復するまでの期間、あたたかく見守ってください」とコメントした。

関連タグ: