この屈辱はブラジルで晴らせ

2012年08月12日 12時00分

【武田修宏の直言】日本は今五輪でよく戦った。1次リーグを無敗で突破し、非常に規律あるサッカーを見せてくれた。ベスト4進出は見事だったし、イレブンは一生懸命に走った。ただ「最大のライバル」だったはずの韓国との差は大きかった。

 特にリードを許してからは韓国に「大人の試合運び」を見せられた。日本の攻撃に対しブロックをつくられたため、持ち味の連動性を出せなかったし、決定的なチャンスもつくり出せなかった。技術や戦術だけではなく、試合に勝つためのゲーム支配力が日本には欠けていた。準決勝メキシコ戦でも同じ指摘をしたが、したたかな戦い方ができるか、それがメダルを獲得する国の条件なのだろう。

 また個人的には準決勝に続き、スピードのある永井を生かせなかったことは残念だ。もっと永井の快足を効率よく生かす方法があったのではないか。私は以前から「決勝トーナメントでは永井をスーパーサブにするべき」と指摘した。ところが、全ての試合が同じような戦い方になった。これは残念だった。

 ただ日本はまだまだ成長できることも示した。清武や大津は可能性を秘めている。2人に加え酒井宏、酒井高ら海外でプレーする選手は飛躍的な成長が期待できる。この屈辱を晴らすにはブラジルW杯メンバーとなり、韓国を上回る成績を残すしかない。

(元日本代表FW)