サッカー日本代表・アギーレ新監督が会見「ユース世代にも関心」

2014年08月11日 18時11分

左から原博美技術委員長、ハビエル・アギーレ監督、大仁邦彌サッカー協会会長

 サッカー日本代表のハビエル・アギーレ新監督(55)が11日、来日し、都内のホテルで就任会見を行った。

 会見冒頭で「南アフリカW杯の後も声をかけていただいたが、個人的な事情で受けることができなかった。その後、ブラジル(W杯)の後に再度アプローチ受け、今日に至りました」と就任の経緯を語ったアギーレ監督は、「ユース世代の育成にも関心を持っているので、そういうところにも目を配りながら、代表監督をやっていきたい」と意気込んだ。

 代表選考に関しては「将来性があり、国を背負って戦う意欲もあって、個人プレーだけでなく、チームプレーに貢献できる選手を選びたい」と明言。その上で「自分で見ることを重視していきたい。海外、日本問わず、全ての選手にドアは開いている。試合以外の時間をどのように過ごしているのかも見ていきたい」と話した。

 また、「旅行が趣味なので、(日本で一緒に住む)妻と息子と(日本各地を)訪れてみたい」とプライベートも充実させたい意向だ。