宮間センターサークルで“愛の告白”

2012年08月07日 18時00分

<ロンドン五輪>なでしこジャパンは準決勝(6日=日本時間7日)で苦しみながらも強豪フランスを2―1で下し、初のメダルを確定させた。

 この日の大一番を前に、主将のMF宮間あや(27=岡山湯郷)はロッカーで「ここにいるみんなと素晴らしいピッチに立てて私はすごくうれしい」と演説し、イレブンの涙を誘った。またキックオフ直前には、センターサークルでFW大儀見優季(25=ポツダム)に「初めて会った時から信じていたよ」と“愛の告白”をして、先制点を呼び込んだ。

 悲願の金メダルまであと1勝。決勝の相手は不動の世界ランキング1位の米国。世界最高の舞台で、宿敵を相手に最後の戦いに挑む。

 

ベール脱いだMF宮間の魔球