FW大津「全試合無理してでも出る」

2012年08月02日 12時23分

<ロンドン五輪・サッカー>初戦スペイン戦で「奇跡弾」を決めたFW大津祐樹(22=ボルシアMG)が決勝トーナメントでの躍進を誓った。

 この日のホンジュラス戦は、相手DFの激しいチャージで背中や腰を強打して悶絶する場面もあったが「やるしかない。無理してでも出るくらいでいい。全試合に出るつもりでやっている」と強い決意を見せる。さらに「今はパフォーマンスも良い方向に向かっているし、自信になっている。次も頑張りたい」と自らの足でメダルを引き寄せる覚悟だ。

 

大津「涙の劇弾」の裏に屈辱事件

大津「世界一のチャラ男」へ