スペインまさかの無得点で五輪敗退

2012年08月02日 12時00分

 世界王者スペインがまさかの無得点でロンドン五輪を終えた。サッカー男子1次リーグで日本と同組だったスペインは、初戦で日本に0—1で敗れたショックから、第2戦も0—1でホンジュラスに敗戦し、五輪敗退が決まっていた。

 地元メディアから「大失態だ」など批判が相次いでいた。この日の最終モロッコ戦でも、シュート13本を放ったが、枠を捉えきれずに、無失点のドローで帰国することになった。

 

杉内キッパリ五輪無視

FW大津「全試合無理してでも出る」

関塚監督はエジプト戦に自信

 

 

ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~