ブラジル代表ネイマールが国民的美少女と復縁か

2014年06月03日 11時00分

 ブラジル代表で10番を背負うFWネイマール(22=バルセロナ)が国民的美少女と復縁――。


 各メディアによると、ネイマールは2012年から女優ブルーナ・マルケジーニ(18)と交際を開始。ビッグカップルの恋の行方に、ブラジル国民も注目していた。だが、13年6月にネイマールがバルセロナに移籍すると、関係が悪化し、今年2月には破局。マルケジーニ側もこの事実を公式に認めていた。


 ところが、5月に入って、マルケジーニがパーティーに“元恋人”を同伴していたことが発覚。またネイマールは26日から始まったブラジル代表合宿に参加する直前までリオデジャネイロに滞在し、マルケジーニと大型ショッピングセンターでデート。映画「ゴジラ3D」を見ていた姿を目撃されるなど、復縁の可能性がささやかれていた。


 そんななか、ブラジル誌「エポカ」は2人に近い関係者の話として、ブラジルW杯の開幕戦ブラジル―クロアチア(6月12日=日本時間13日)で交際続行を正式に発信する予定という。くしくも同日は、ブラジルで「恋人の日」。果たしてネイマールは粋な演出を勝利で飾れるか。