CL決勝ジエゴコスタ欠場、ロナウドもピンチ 

2014年05月20日 10時55分

 アトレチコ・マドリードのスペイン代表FWジエゴコスタ(25)がレアル・マドリードと対戦する欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝(24日=日本時間25日、ポルトガル・リスボン)を欠場することが濃厚となった。17日のスペインリーグ最終節バルセロナ戦で右足大腿二頭筋の肉離れを発症。検査の結果、全治2週間と診断された。


 対するレアルのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(29)も同最終節エスパニョール戦のアップ中に左足大腿二頭筋の故障が再発し、出場を回避。アンチェロティ監督は決勝には間に合うことを強調したが、スペインメディアの間では「5日程度の安静が必要」と報じられており、出場は微妙だ。史上初の「マドリード・ダービー」となった今季のCL決勝だが、両チームのエースが揃って欠場という恐れも出てきている。