長谷部が大久保を参謀役に指名

2014年05月14日 16時00分

笑顔で帰国したキャプテンの長谷部

 日本代表キャプテンのMF長谷部誠(30=ニュルンベルク)が13日に帰国し、サプライズ男を参謀に指名した。

 

 2月28日に右ヒザを手術し、W杯出場が危ぶまれたが、ドイツリーグ最終節(10日)で実戦復帰してW杯メンバー入りした。「(リハビリ中は)ケガをする前に戻す感覚ではなく、どれだけ進化して戻れるか考えていた。そういう意味で楽しみな部分がある」と胸を高ならせた。

 

 W杯メンバーにはボルフスブルク(ドイツ)時代の同僚FW大久保嘉人(31=川崎)がサプライズ選出された。長谷部は「年は1つ上だけど、ザックジャパンではボクの方が先輩。彼はベテランなので、チームの雰囲気とかも上げてもらうように要求したい」と話し、チームをまとめる主将の片腕として働いてほしいという。

 

 FW香川、FW柿谷といった主力勢が大久保を慕っており、またピッチ上での相性は悪いと言われながら、エースFW本田も一目置く存在。「嘉人なら本田にも厳しいことを言える」(川崎関係者)。大久保も「言う人は代表にいっぱいいると思うけど、悪いところがあればみんなで話し合うのが大事」と話している。長谷部はチームの結束に大久保の力を借りるつもりだ。