【CL】敗れたモウリーニョがAマドリードたたえる

2014年05月01日 10時54分

 欧州CL準決勝で敗れたチェルシーのモウリーニョ監督が対戦相手のアトレチコ・マドリードをたたえた。

 

 チェルシーはMFランパード、MFミケルが出場停止のなか、負傷していたDFテリーがスタメンに復帰し、FWエトーもベンチ入りするなど、万全の体制で臨んだ。前半36分にはFWフェルナンド・トーレスのゴールで先制したが、後半に逆転を許し、ファイナルに進めなかった。

 

 モウリーニョ監督は「アトレチコは正当な勝者だ。PKまでは私たちが試合を管理していたし(Aマドリードの)FWとGKが非常に良い仕事をした」と勝者をたたえた。