【女子サッカー】2月開催「シービリーブスカップ」に日本、米国など参加

2021年01月12日 15時48分

 日本サッカー協会は12日、米国で2月に開催される女子の国際親善大会「シービリーブスカップ」に、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング10位の日本(なでしこジャパン)のほか、同1位の米国と、8位に並ぶブラジル、カナダが参加すると発表した。

 同大会は総当たり形式で、日本は2月18日午後4時5分(日本時間19日午前6時5分)にブラジル、21日午後6時5分(同22日午前8時5分)にカナダ、24日午後7時5分(同25日午前9時5分)に米国と対戦。フロリダ州オーランドでの集中開催となる。

 全チームが東京五輪に出場するとあって、なでしこジャパンにとっては腕試しと言っている時間はない。昨年大会はスペイン、イングランド、米国相手に3連敗。しかもいずれの試合も見せ場をつくれなかった。新型コロナウイルス禍で強化がなかなか進まないとはいえ、今年は内容だけでなく結果も求められる大会といえそうだ。