【高校サッカー】山梨学院のGK熊倉匠「貢献できてよかった」 V呼んだPK戦好セーブ

2021年01月11日 17時02分

山梨学院イレブン(高体連記録部提供)

 全国高校サッカー選手権決勝が11日、埼玉スタジアムで行われ、山梨学院(山梨)は青森山田(青森)と対戦。2―2からの延長戦でも決着がつかず、もつれ込んだPK戦を4―2で制し、11大会ぶり2度目の優勝を果たした。

 イレブンを日本一に導いた長谷川大監督は「非常に厳しい戦いになったが、選手が本当に頑張ってくれた。実感はまだ湧かないが、彼らが一生懸命頑張った1年だったので、それが本当に報われてよかったです」と振り返った上で「大声援を学校の方から送っていただいて、ここに来ていない3年生のみんなの顔を見て、本当に頑張らないといけないと思って体が動いたと思う。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を口にした。

 PK戦で好セーブを見せたGK熊倉匠(3年)は「本当にうれしいです。今日は2失点をしてしまって、自分の中では何もできていなかったので、最後はチームを救うっていう意味で自分が貢献できてよかった」と満面の笑みを見せた。