U―21手倉森監督のリオ五輪への展望

2014年04月15日 16時00分

 2016年リオ五輪を目指すU―21日本代表の手倉森誠監督(46)が14日、都内で報道陣の取材に応じ、今後の展望などを語った。6月のブラジルW杯ではリオ五輪の会場を視察することを明らかにし「雰囲気を見てみたい」と話した。

 

 またW杯に臨む日本代表については「これから人選、大会に向けて本格的にスタートするのでコメントは控えたい」としながら「間違いなく(前回の2010年)南アフリカ大会以上の成績はみんな狙っているし、可能な大会になればいい」。

 

 手倉森ジャパンの当面の目標は、9月のアジア大会(韓国・仁川)になる。