サッカー元日本代表・鈴木啓太氏〝右肩上がり〟のプロテイン業界参入

2020年10月27日 18時20分

鈴木啓太氏

 サッカー元日本代表の鈴木啓太氏(39)が社長を務める「AuB(オーブ)」が27日、新しいタイプのプロテイン「AuB MAKE(オーブメイク)」(1袋800g入り、粉末タイプ、20食分)の発売を発表した。

 同商品には、ホエイとソイという体づくりに必要な2種類のタンパク質に加え、アスリートの腸に多く存在する「酪酸菌」など、ヒトに有効な腸内細菌29種「アスリート菌ミックス」を配合。また、腸内細菌のエサとなる食物繊維や11種類のビタミン、カルシウム、マグネシウムなど1日に必要な栄養素をバランスよく摂取することで、腸内環境を整えるとともに筋肉をつくるタンパク質の代謝促進が期待できる。

 同社は「腸内環境を整えることは、体づくりにおいて有効であると考えられます。こうした独自の研究データを武器に、右肩上がりのプロテイン市場に参入します」とコメント。リンゴ風味が特徴のグリーンアップルスムージー味で価格は定期購入が税込7549円(初回特典5389円、シェイカー付き)で、単品は同8629円(ともに送料別)となっている。販売は2021年1月初旬から自社サイト「AuBSTORE」で行う予定だ。