日本サッカー協会と「WEリーグ」が女性の活躍推進原則に署名

2020年10月23日 20時36分

 日本サッカー協会と来年9月開幕の女子プロリーグ「WEリーグ」は23日、女性の活躍推進を促すために国連などがつくった「女性のエンパワーメント原則」に署名し、参加すると発表した。

 同原則は、2010年3月8日に策定された女性の活躍推進に積極的に取り組むための行動原則で、企業が現行の慣習や基準、行動を調査し分析するための実践的な手引きとなる。

 原則の内容は①トップのリーダーシップによるジェンダー平等の促進。②機会の均等、インクルージョン、差別の撤廃。③健康、安全、暴力の撤廃。④教育と研修⑤事業開発、サプライチェーン、マーケティング活動。⑥地域におけるリーダーシップと参画。⑦透明性、成果の測定、報告となっている。

 日本国内の競技団体の参加は日本協会とWEリーグが初めて。