ミランがファンペルシーの獲得を検討

2014年01月28日 11時00分

 ACミランがマンチェスターUのエース、オランダ代表FWロビン・ファンペルシー(30)の獲得を検討していると、英メディア「スポーツ・ダイレクトニュース」が伝えた。


 オランダ出身のセードルフ監督がストライカーの補強を熱望しており、かねて親交のあるファンペルシーに白羽の矢を立てた。移籍金は推定2000万ポンド(約34億円)とみられ、バルバラ・ベルルスコーニCEО(最高経営責任者=29)にも報告されているという。


 経営難のミランは本田の加入効果により、年間20億円の収入増を見込んでいる。その“本田資金”を有効に活用し、低迷打破の切り札として超大物を獲得しようというところだろう。