【日本サッカー協会】JFAハウス勤務の関係者1人がコロナ陽性

2020年10月08日 22時08分

 日本サッカー協会は同協会が入る東京・文京区のJFAハウスで働く関係者1人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。

 4日に味覚と嗅覚に違和感を覚え、5日に微熱(37・2度)があったため、居住地を管轄する保健所の指示に従ってPCR検査を受診。8日に陽性判定を受けた。協会によると、当該者は3日以降はJFAハウスに入館していないという。

 協会は8日に当該者が使った場所を消毒。現時点で体調不良などの報告はないものの「今後も濃厚接触者の特定などを含め、保健所の指示で必要な処置を講じていく」とした。