長谷部30歳誕生日はベッドの上

2014年01月20日 11時00分

 右膝半月板損傷の手術を受けた日本代表MF長谷部誠(ニュルンベルク)が、30歳の誕生日(18日)をベッドの上で迎えた。19日に自身のブログを更新。「一昨日、執刀していただいた先生はじめ多くの方々に協力していただき、無事に手術を終えることができました」と報告し「ベッドの上で30歳を迎えました」と指を3本立てた写真も掲載した。


 多くの友人たちから祝福メッセージが届き、留守電にはニュルンベルクのチームメートによる「ハッピー・バースデー」の大合唱もあったという。全治まで4~6週間の長谷部は「まずはリハビリからがんばります!」とブラジルW杯に向け再起を誓った。