本田レプリカユニ1000枚以上売れた

2014年01月08日 16時00分

ミランストアのマネキンも本田仕様に変更

【イタリア・ミラノ7日(日本時間8日)発】 イタリアの名門ACミランに加入した日本代表MF本田圭佑(27)は、ミラノ郊外の練習場で身体検査の一環として運動機能などのテストを受けた。イタリアの放送局「SKY」が報じたもので、検査は同日午後にすべて終了した。

 

 8日にはいよいよ入団会見が行われるが、本田人気は早くも沸騰している。ミラノ市内にあるミラン公式ショップ「ミランストア」では、本田の入団決定から1か月足らずでレプリカユニホームが飛ぶように売れているという。

 

 店長は「ミランの広報部からは本田のユニホーム販売数については話さないように言われているが、1000枚以上は売れた。まだプレーしていない選手としては上々の売れ行き。間違いなく、主力商品となる」と語った。低迷するチームの救世主として期待される本田だが、グッズ売り上げの面でも大きく貢献するのは間違いなさそうだ。