元なでしこ永里優季が男子チーム入団「未知数だけど、全くできないイメージはない」

2020年09月10日 19時30分

永里優季

 元なでしこジャパンのFW永里優季(33)が10日、神奈川・厚木市のレンブラントホテル厚木で神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」入団会見を行った。

 女子サッカー選手が男子チームに入団するニュースは国内のみならず、所属先のレッドスターズ公式ホームページで大きく扱われ、国際サッカー連盟(FIFA)の女子W杯、欧州サッカー連盟(UEFA)の女子チャンピオンズリーグ公式ツイッターでも取り上げられた。本人もそんな状況には「こんなに注目されるとは思っていなかったのでビックリしている」と語った。

 入団の経緯については、米女子プロリーグNWSLの公式戦開催が7月以降年内はないことから、かねて挑戦したいと思っていた男子チーム参加を決断。地元・厚木市を拠点に活動するチームで実兄のFW永里源気(34)も所属する「はやぶさイレブン」へ自身の入団を提案し、実現にこぎつけた。

 海外クラブの活躍や2011年ドイツ女子W杯優勝メンバーといった実績は申し分ないが、男子チームでのプレーは女子選手にとっては未知の領域。永里は「男性の中でどれだけできるか未知数だけど、全くできないイメージはない。フィジカルの部分はどうしても劣るが、ポジショニングや細かい駆け引き、なるべく激しいコンタクトを受けないプレーは海外で磨いてきた」と活躍のイメージを膨らませた。