“お誘い”いっぱい…柿谷ピッチ外でもモテモテ

2013年11月14日 11時00分

 ザックジャパンの新エース候補がピッチ外でモテモテだ。J1C大阪の日本代表FW柿谷曜一朗(23)は10日のFC東京戦で後半42分に劇的な決勝ゴールを決め、2―1の勝利に貢献。「しっかり決められてよかった」と涼しい顔で振り返った。

 

 日本代表ザッケローニ監督が視察した“御前試合”で最高のパフォーマンスを披露。原技術委員長も「柿谷らしい点だった。今度はレベルが高い相手になるけど、もっと自分で仕掛けてシュートを打っていってほしい」と欧州遠征でのゴールに大きな期待を寄せた。

 

 絶好調男はピッチ外でも存在感を放っている。1日から日本郵便のイメージキャラクターに抜てきされた。元AKBの篠田麻里子(27)と全国CMに出演しているが「サッカー選手は海外組ばかり需要があるからJリーガーでは破格の扱い。反響も大きいみたいだし、これからもオファーが殺到するでしょうね」とは広告代理店関係者。

 

 さらにはプライベートでも“モテ男”ぶりを発揮。柿谷と親交があるJリーガーによれば「最近友達の女の子に『柿谷君を紹介して』とよく言われます。けっこう(同様の例が)多いらしいですよ」。ピッチ内での活躍はもちろんのこと、イケメンとあって女性人気も急上昇中なのだ。

 

 それでも柿谷は「この前の(10月の)遠征では勝てなかった。自分たちがどれだけやれるかも大切だけど、まずは結果を求めたい」と気を引き締めた。人気先行と言われないためにも、ザックジャパンで結果を残すことが先決だ。