日本代表 8試合ぶりに完封勝利

2013年09月07日 11時22分

後半ヘディングシュートを放つ本田

 サッカー日本代表は6日、キリンチャレンジカップのグアテマラ戦(大阪・長居)に3―0で快勝。実に8試合ぶりの完封勝利で来年のブラジルW杯へ再発進した。

 

 本田を先発から外した日本は序盤からパスワークで敵陣に迫ったが、守備を固めるグアテマラを崩し切れなかった。前半33分には大迫がチャンスでシュートを右に外し、同40分にはCKのこぼれ球からの吉田のボレーもバーを越えた。後半開始から本田が投入されると、日本は猛攻を仕掛ける。同5分、長友のクロスに本田が頭で合わせて先制し、同24分には工藤が加点。さらに同31分に遠藤がFKで決めた。課題だった守備も安定して8試合ぶりの完封勝利となった。