“戦犯”扱いの吉田麻也が汚名返上に手応え

2013年09月06日 11時43分

 守備崩壊の“戦犯”扱いされているDF吉田麻也(25=サウサンプトン)が汚名返上に手応えを見せた。

 

 昨季終盤から続く股関節痛で、最近の代表戦ではミスを連発。クラブでもリーグ戦は出場機会に恵まれていないが「自分の中では焦らずやっていこうと思っている。体のキレも出てきている」と回復に向かっている。今回の国際親善試合2試合は復権への足がかり。吉田も「点を取るポジションではないので、一個一個のプレーをしっかりとやっていきたい」と初心に帰り、プレーの正確性を上げていくつもりだ。