乾の決勝弾でフランクフルトEL本選出場

2013年08月30日 11時21分

 サッカーの欧州リーグ予選プレーオフ第2戦が29日(日本時間30日)に各地で行われ、フランクフルト(ドイツ)はカタバグに2―1で勝ち、2戦合計4―1で本大会出場を決めた。MF乾貴士(25)は先発出場し、1―1で迎えた後半30分に決勝ゴールを挙げて勝利に貢献した。

 

 スタンダール(ベルギー)もミンスク(ベラルーシ)に3―1で勝ち、2戦合計5―1で本大会出場が決定。先発フル出場した日本代表GK川島永嗣(30)は公式戦6試合連続完封は逃したものの、安定したセーブを見せた。シュツットガルト(ドイツ)は2―2で引き分けたが、2戦合計3―4で敗退。DF酒井高徳(22)はベンチ入りしたが出番はなかった。