ヤングなでしこが米国を撃破

2012年06月18日 12時00分

 ヤングなでしこが躍動した。8月開幕のU—20女子W杯に出場するU—20日本女子代表が17日、大阪・長居スタジアムでU—20米国女子代表と国際親善試合を行い、MF田中陽子(18=INAC神戸)の得点で1—0で勝った。

 女優・真木よう子似の田中陽の笑顔がはじけた。スコアレスで迎えた後半36分、右MF西川明花(20=FC高梁)が放った左ミドルシュートがクロスバーを直撃。真っ先に反応した田中陽は米国選手が暑さで棒立ちの中、こぼれ球を拾って右ボレーで押し込んだ。