【高校サッカー】武田修宏氏も興奮 「サッカー王国復活」

2020年01月14日 16時30分

武田氏(左)と井田総監督

 静岡県出身の元日本代表FW武田修宏氏(52=本紙評論家)は静岡学園の日本一をたたえた。「(静岡・清水東高出身で)OBではないけど、県勢の優勝はうれしい。勝ち負けよりも選手の将来を考えてドリブルやパスを重要視する攻撃サッカーを何十年前から続けている。そのスタイルを貫いて日本一になったことが本当に素晴らしいね」と絶賛した。

 かねて井田勝通総監督(77)や川口修監督と親交があり、3日には試合会場を訪問し、チームを激励した。武田氏は「1980年代は強かった静岡県勢も、最近は勝てなかった。サッカー王国も復活でしょう」と興奮気味に話していた。