初ゴールの栗原〝番長節〟は封印

2012年06月09日 12時00分

<サッカー W杯アジア最終予選・ヨルダン戦(8日)>ザックジャパン不動のセンターバックDF吉田麻也(23=VVV)の故障で前半44分から出場したDF栗原勇蔵(28=横浜M)が初ゴールを決めた。

「あの状況(大量リード)だったけど、点を取れたのはうれしい」としながらも「後半に入って全体的に足が止まって自分もラインを下げてしまった」と課題も口にした。オーストラリア戦では先発が濃厚とあって「しっかり準備してやれればいい」と〝番長節〟は封印して先を見据えた。