本田の“W杯優勝宣言”を木村和司氏が支持

2013年06月13日 11時00分

OB戦でFKを蹴る木村氏

 元日本代表MF木村和司氏(54)が“W杯優勝宣言”を奨励した。

 

 Jリーグ選抜とイタリア選抜のOB戦(9日、東京・国立競技場)に背番号10をつけて出場した木村氏はFKの場面でキッカーを務めるなど往年の姿を披露し、スタンドを沸かせた。試合はスター軍団を相手に2―2と引き分けたが、木村氏はブラジルW杯へ臨む日本代表が気になって仕方ない。

 

 まずはコンフェデレーションズ杯1次リーグでブラジル(15日)、イタリア(19日)、メキシコ(22日)と対戦する日本代表について、木村氏は「ええことじゃろ。なんでも経験することが大切。ホントにW杯で優勝するつもりなら、そういう相手と、どんどんやっておかんといかん」。

 

 木村氏が言う「W杯優勝」はザックジャパンの中心選手であるMF本田圭佑(26=CSKAモスクワ)が目標として公言。最近ではDF長友佑都(26=インテル)らが同調し、多くの選手が世界制覇の実現を「本気」でもくろむ。

 

 木村氏はそんな現役世代の“ビッグマウス”に頼もしさを感じている。

 

「W杯優勝を目標にしているのはええことじゃ。あれは自分たちにプレッシャーをかけとるんじゃろう。『なに言ってんのじゃ』と言われても、ええんじゃよ。そういう選手が(日本代表に)増えてきて、みんなで言い続けることが大事だよ」。本田発言を支持し、さらなる躍進を期待した。