岡崎長髪バッサリのトホホな理由

2012年06月07日 18時00分

 日本代表FW岡崎慎二がラジルW杯アジア最終予選オマーン戦(3日)の後半9分にチーム3点目を決め、日本代表歴代単独4位となる28点目をマークした。

「自分にとっても、これから予選を戦っていくうえでもゴールを取れたのはよかった。結果としてそういう記録になるのは自分としても自信になる」と振り返ったが、今予選に臨むにあたってイメチェンを図った。

 シュツットガルト移籍後から「サムライ」をイメージして伸ばし続けていた髪を、帰国してバッサリと切ったのだ。

「もういいかなと思って。特に深い意味はないですよ」というが、実際はなかなか「サムライ」キャラが定着しないことや、周囲からの評判がよくなかったことが理由のようだ。

 それでも「ゴールは味方あってのゴールだけど、自分は決めるべき選手だと思っているから」とストライカーの自覚は増している。もちろん「サムライ魂」は変わらないままだ。

 

本田「金髪」「サングラス」の秘密