「本田圭佑プロデュース香水」予約殺到

2013年06月09日 16時00分

 サッカー日本代表MF本田圭佑(26)がプロデュースした香水「ロードダイアモンド バイ ケイスケ ホンダ」(29日発売、3150円)に、予約が殺到している。5日午前0時から販売予約受け付けが開始されたが、4日のW杯アジア最終予選のオーストラリア戦で本田が劇的なPK弾を決めたことで、多くの注文が舞い込んだ。

 発売元の「フィッツコーポレーション」は「香水は年間で1万本出荷するとヒットと見なされるが、すでに初回で1万5000本が出ている。急きょ増産が決定した」とうれしい悲鳴を上げている。

 日本人サッカー選手モデルの香水が、全国で大々的に販売されるのは初めて。だが、なぜ香水?「グランパスエイト時代は使ってなかったのですが、オランダのVVV時代にチームメートが使ってるのを見て、本田さんも『香りは自己表現の一つだ』と使い始めました」(フィッツ担当者)。プロデュースも自己表現の一環なのだ。

 先日、引退表明したデービッド・ベッカムも香水を出しており、本田も世界的スターに肩を並べた。商品名とボトルデザインに取り入れられたダイアモンドは「人々を魅了する」と、本田のプレースタイルに共通するとして採用された。

 通常版の発売に先駆けて、本田の誕生日の13日にはボトルに0・03カラットのダイアモンドが埋め込まれた「初回プレミアム版」(1万5750円)が500個限定で発売され、こちらも即完売が予測されている。

 販売代理店の「MENZ―STYLE」は使用感について「いやらしくない香りで、知らない人が使っていてもかぎたくなる」と説明する。「フィッツ」によれば本田は「プライベートでも試合中でも使う」と話しているとか。これを使えば“持ってる男”になれるかも?