長友は猛省「エゴが出た」

2013年06月06日 16時00分

一夜明け会見する長友、左は香川

 日本代表DF長友佑都(26=インテル)はオーストラリア戦で絶好のゴール機会を逃したことで「世界一のサイドバックなら決めるかアシストをできている。今回はエゴが出た」と自らを戒めた。さらにベスト16に進出した2010年南アフリカW杯でも「今だから言えるけど、ベスト4を(目標に)掲げたのに、あの時に達成感、安心感が出てしまった。そのメンタルでは決勝トーナメントは戦えない」と猛省。ブラジルW杯へ向け、気の緩みはない。