カズ最年長ゴール!イチローも救った

2012年06月02日 18時00分

 キングの存在がスター選手も救った。キング・カズこと元日本代表FW三浦知良(45=J2横浜FC)は前節5月27日の鳥取戦でゴールを決め、自ら持つJリーグ最年長得点記録を45歳3か月1日に更新し、チームの4連勝に貢献。「経験で入れました」と冷静に話したカズに大きな刺激を受けるのは米大リーグのイチロー(38=マリナーズ)だ。

 同じトレーニングジムに通っていた縁もあって、かねて親交の深い2人。イチローに近い関係者によると「オフに帰国した際に『カズさんがあれだけやっているんだから、オレもやらなければ…』と盛んに言っていた。かなり(カズに)刺激を受けていたようだ」と明かした。

 イチローは昨季10年連続200本安打という大記録を逃し、人知れず落ち込んでいたという。そんな時に45歳で「中高年の星」と言われるカズの話題を見聞きした。Jリーグ19年連続ゴールという大記録を逃しながらも、1月にはFリーグ(フットサル)に参戦。新たな挑戦を続ける姿勢に感銘を受けたという。

 そこでイチローも大記録の途切れたことを悔やむのでなく、新たなチャレンジに臨む決意を固め「いつかカズさんと一緒にやりたい」とジョークを交え、キングへの敬意を表し、今シーズンの戦いに臨んだという。

 カズは世界屈指の大スターに刺激を与えるなど、その存在が各方面に大きな影響を与えていることは間違いない。