30日VS首位・FC東京戦 浦和・武藤が“起爆剤”に名乗り

2019年03月29日 16時30分

武藤雄樹

 30日に因縁のライバルであるFC東京との試合を控える浦和で、元日本代表FW武藤雄樹(30)がチーム浮上の“起爆剤”に名乗りを上げた。

 昨季終盤に右足首を負傷して戦列を離れていたが、FC東京戦での復帰が濃厚。「体も心もピッチに立つ準備はできている」と力強く語った。チームは今季の公式戦7試合中4試合で無得点。得点力不足が課題とあって「みんなが納得いくような攻撃ができていないので、少しでも力になりたい」とストライカーとしての仕事を全うするつもりだ。

 復帰すれば通算200試合出場ということで、クラブ側は武藤が外食チェーン「がってん寿司」の運営会社とスポンサー契約を結んでいることにちなみ、豆皿、寿司皿、寿司下駄の寿司3点セットを記念グッズとして準備。「いろんな人に支えられながらここまで来れたのは幸せなこと」と話す熱血漢は結果を出せるか。