【欧州選手権予選】Cロナ 右もも裏を痛め途中交代

2019年03月26日 11時30分

ヒザに手を置いてプレーをやめたC・ロナウド(ロイター)

【ポルトガル・リスボン25日(日本時間26日)発】ポルトガル代表のエースFWクリスチアーノ・ロナウド(34=ユベントス)がホームで行われた欧州選手権予選B組セルビア戦で故障し、途中交代するアクシデントが起こった。試合は1―1で引き分けた。

 3日前のウクライナ戦でスコアレスドローに終わっていたポルトガルは必勝態勢で臨み、C・ロナウドも3トップの右で先発出場。7分にPKで先制を許した後も惜しいシュートを放つなど反撃したが、29分に縦パスに抜け出した直後にスローダウンし、そのままピッチに座り込んだ。右もも裏を痛めたもようで、ベンチに交代を要求。31分に右足を引きずりながらピッチを離れた。

 まだ故障の詳細は不明だが、しばらく戦線離脱となるのは確実。4月10日(同11日)に控える欧州CL準々決勝第1戦(対アヤックス)の出場にも黄信号がともった。

 他の欧州選手権予選は順当な結果が並んだ。ロシアW杯優勝のH組フランスはホームでアイスランドを4―0で粉砕して2連勝。FWオリビエ・ジルー(32=チェルシー)、FWアントワヌ・グリーズマン(28=アトレチコ・マドリード)、FWキリアン・エムバペ(20=パリ・サンジェルマン)が揃って2試合連続ゴールを奪った。同組のトルコもモルドバを4―0で下して2連勝。

 A組のイングランドは敵地でモンテネグロに5―1で完勝。前半に先制されたがMFロス・バークリー(25=チェルシー)の2得点などで逆転した。