堂安「信頼」回復なるか

2019年03月23日 16時30分

堂安律

 日本代表は22日の国際親善試合(横浜)でコロンビアに0―1で敗れ、不発に終わったMF堂安律(20=フローニンゲン)が危機感を募らせている。ゴールにこだわっていたものの、前半に3本のシュートを放ちながら決め切れず、後半はシュート0本のまま同26分に退いた。「見たら分かる通り0点なので(自身の評価は)0点。決め切れていればというシーンは何本もあった。技術不足です」と猛反省。続けて「このままでは周り(チームメート)の信頼もなくなってしまう」と厳しい表情を浮かべた。若手“三羽ガラス”の一角は、イレブンの信頼を回復するプレーができるのか。「次の試合(ボリビア戦)も本当に大事になるので切り替えたい」と懸命に前を向いた。