【森保ジャパン】香川投入も流れ変えられずコロンビアに敗戦

2019年03月22日 22時44分

試合後、顔を覆った香川

 森保ジャパンが22日、国際親善試合のコロンビア戦(横浜)に0—1で敗れた。

 準優勝に終わったアジア杯から再出発を図る一戦で森保一監督(50)は初選出のFW鈴木武蔵(25=札幌)をスタメンに抜てき。新たな攻撃のバリエーションを求めて昨年のロシアW杯1次リーグで対戦した相手に臨んだ。だが、前半からMF堂安律(20=フローニンゲン)、MF南野拓実(24=ザルツブルク)らが積極的に攻めるもネットを揺らすことはできない。

 互いに無得点で迎えた後半19分、FWラダメル・ファルカオ(33=モナコにPKを決められ、先制点を献上。同20分にMF香川真司(30=ベシクタシュ)を投入したものの、流れを変えることはできなかった。