【森保ジャパン】昌子DFリーダーの自覚 若手守備陣をけん引する

2019年03月19日 16時30分

代表復帰の昌子(右)

 国際親善試合コロンビア戦(22日、横浜)、同ボリビア戦(26日、神戸)に臨む日本代表は18日、神奈川県内で合宿をスタートさせた。

 W杯以来の代表復帰となったDF昌子源(26=トゥールーズ)がDFリーダーに意欲的だ。今回は主力のDF吉田麻也(30=サウサンプトン)が不在とあって若手DFを統率する大役を担う。「僕が(自覚を)強く持つのは当たり前」とした上で「DFとしてお互い無失点でチームを勝たせようという気持ちは(若手もベテランも)一緒。麻也君がいなくてもセンターバック全員が引っ張っていこうという気持ちも大事」と力を込めた。

 その資格は十分だ。ロシアW杯で先発を務めた実力は、フランスで屈強な外国人とマッチアップを続けて進化中。「やられても、できると強い思いを持ちながらやれるところは成長を感じる」。たくましさを増して戻ってきた昌子が若手守備陣をけん引する。