【森保ジャパン】宇佐美 シ烈な「2列目」争いに気概

2019年03月19日 16時30分

宇佐美は器用にボールを操った

 国際親善試合コロンビア戦(22日、横浜)、同ボリビア戦(26日、神戸)に臨む日本代表は18日、神奈川県内で合宿をスタートさせた。

 MF宇佐美が、シ烈な2列目のポジション争いに挑む。ロシアW杯以降、MF南野拓実(24=ザルツブルク)をはじめ、MF中島、MF堂安ら若手“三羽ガラス”が主力選手に成長。宇佐美は「ポジションが近い律や翔哉、拓実など2列目の選手は注目していた」とライバル心を隠さない。

 所属クラブでは出番が少ないこともあって「競争も一番下からスタートしていく立場」と定位置確保に厳しい状況を理解しているが、気概は失っていない。「自分が中心になってやっていかないといけない。そうなれない自分への悔しさもあるし、やらなきゃという危機感もある」と現状打破を誓った。