【森保ジャパン】背番号「10」は誰だ? 香川の代表復帰で注目

2019年03月15日 16時30分

10番を任されている中島

 森保ジャパンで“10番争奪戦”が勃発だ。MF香川真司(29=ベシクタシュ)の代表復帰で、気になるのは背番号10の行方。2011年以降、ロシアW杯まで栄光のエースナンバーを背負ってきた香川はかねて「責任感はすごく持ってやってきた。そこに誇りを感じてやっている。自分の築き上げてきたものがある」と語るなど強いこだわりを持っている。

 一方で、香川不在の森保ジャパンで10番を任されたのがMF中島翔哉(24=アルドハイル)だ。エースナンバーについては「今まで本当に良い選手がつけてきたので、そこはしっかり理解しなくてはいけない」と本人も強い決意で重責と向き合う。さらに今回のメンバーにはアジアカップで10番を背負ったMF乾貴士(30=アラベス)も選出された。

 森保一監督(50)も「サッカーにおいて10番という背番号は、誰でもつけられるものではない」と話す栄光の番号。これまでの慣例では試合2日前に発表される見込みだが、10番のユニホームに袖を通すのはいったい誰になるのか注目が集まる。